原村観光連盟ウェブサイト作成ガイドライン

■目的
このガイドラインは、原村観光連盟(以下「連盟」)が設置・運営するウェブサイトの作成に関する基準を定めることにより、多様化する閲覧環境において、誰でも支障なく公平な閲覧が可能なウェブサイト作成を目指します。

■適用範囲
このガイドラインは、連盟(http://www.haramura.com/)が設置・運営するウェブサイト、およびFaceBookページ(https://www.facebook.com/haramurakankourenmei)に適用します。

■アクセシビリティ・ユーザビリティについて
高齢者や障害者の方々が健常者と同様に利用できるようなアクセシビリティへの配慮を心がけます。また、使い勝手(ユーザビリティ)を良くするために下記の事柄を重視しています。

このサイトの基本はデータベースを多用しています。そのため相対的かつ物理的にも記事内容の公平性を保ちます。
デバイスの違いによるハンディをなくすため、パソコンだけではなく、スマホ、タブレットにも対応します。
あらゆるメディアを意識して、特に動画、画像の配信にも注視しています。
多言語、サイト内検索など、サイト閲覧の多様性、生産性を意識したウェブサイトを目指しています

■コンテンツを掲載する場合の私達の一般的な注意点
インターネットを利用して情報を受信したり発信したりするときには、それによって生じるリスクや社会的責任、法的責任を負うことを常に留意しなければなりません。不用意な行為、行動は、会員自身のみならず連盟にも被害や損害を与え、名誉を著しく傷つけたり、場合によっては法的措置の対象にもなりかねません。
国籍、宗教、価値観、世代、性別が異なる様々な人がインターネットを利用しています。小さな誤解が大きな紛争の原因となることもあるので、常に他者の立場や状況に配慮し、適切なコミュニケーションを行うよう心掛けます。

注意事項
同一アカウント(たとえば原村観光連盟)を複数で利用する場合、責任の所在を明らかにするため、記事の最後に()を置き、中に実名・苗字を記載します。ただし、一意性のアカウントの場合はこの限りではありません。

禁止事項について
インターネット上(電子メール、電子掲示板、ニュースグループ、メーリングリスト、ホームページなど)に情報を発信・公開する際は、その内容が公序良俗に反したり、他者の権利を侵害するなどして、お互いの信用・品位を傷つけることのないよう注意します。

以下の種類の情報(*1)をインターネット上(電子メール、電子掲示板、ニュースグループ、メーリングリスト、ホームページなど)で発信・公開はいたしません。

(*1)
公序良俗に反するもの
性的な画像や文章
差別的なもの
虚偽のもの
他者の名誉・信用を傷つけるおそれのあるもの
他者のプライバシーを侵害するおそれのあるもの
連盟の信用・品位を傷つけるおそれのあるもの
連盟加盟施設の販売に関し、特に公平性にかけるもの

■肖像権・プライバシー
本人の許可なく、その顔や容姿などを撮影し、その写真をホームページなどで公表すると、肖像権の侵害となる場合があります。また第三者の私生活に関わる各種の情報を本人の了解なくインターネットでみだりに公開すると、プライバシーの侵害となる場合があります。

■コンテンツの削除
もし当サイトのコンテンツが上記禁止事項、肖像権・プライバシー侵害に抵触する場合は、速やかに調査しコンテンツを削除します。


サイト内検索
FacebookMySpaceTwitterGoogle BookmarksRSS FeedPinterest
Pin It